スペインの金融機関の窮状を救うセーフティネットがひとまず強化されたことは、先行きを照らす材料として評価してよいことだと思います。求めればきりがありません。

これに次ぐセーフティネットとして、どんなものが用意されていくのか。
 まずの一手は無難なスタートでしたが、次の一手が「これなら打たない方がマシだった」という可能性もあるので、今週はしんどい週になりそうですね。
奇手はいりません。無難な、「あー、やっぱり、そう出たか」という手を期待したいですね。そんな感じで、今週を乗り切ることができれば、「もしかしたら」と期待を持った参加者が増えてくるのではないでしょうか。