最近の相談には、「何にしておけば、安全・安心なのでしょうか?」という質問を受けることが確かに増えてきてはいますが、一方で、「まだその気にはなれないのですが、これだけ株安・円高の水準であれば、本当は儲けるチャンスとして投資を検討したほうがよい時期なのでしょうか?」という質問も増えてきました。

 それだけ今は、悩み所にあるのだと思います。
 ここで大事なことは、ここは納得づくで対応することで、中途半端に「何となく不安」、「何となく、投資したほうが良さそう」と動いてしまうことは避けたいところです。
 まず自分のスタンスは、?資産を守ることを優先するのか、それとも?この機会がチャンスなら儲けたいと準備するのか、を明確にしたほうが良いと思います。
 「資産を守る」ことを優先するなら、その方法、選択肢を探り、今対応が必要かを考えてみることだと思います。
「現在のような先が読みにくい環境では新たな投資はしない。資産を守るなら、これとこれに分散投資。相場がもし良好な方向に動いたなら、あれを売却する」
 このように今後の対応を準備しておけば、「今後はどのような投資環境になるのかな?」と先を前向きに眺め対処していこうという気持ちを取り戻せるかもしれません。いったん、不安から頭を整理すると、「全然投資なんてやる気にはならなかったけど、すぐを期待しなければ、これだったら少し投資を考えて良いかも」と現在の環境の中での投資との付き合い方がイメージできる人もいるかもしれません。
 同様に「この機会に儲けたい」と考える人は、ここで投資して新たに損を抱えるようになっても後悔はないのかを具体的に考えてみます。「ここで新たに投資しても、わずかばかり。損が発生しても知れている」と思える人は検討する意味はあると思います。「やっぱり、ダメ」と思った人は、資産を守る準備は万全なのかを、「儲けよう」よりも先にに考えておいたほうがいいと思います。
 戦うにしても、守りを固めるにしても、行動を起こす前に、今一度、自分のスタンスはどちらにあるのかを自分の中で確認したほうが良い時期に入ったように思います。相場が大きく上下する前に。