久しぶりにブログを更新しました。「どうする?どうする?」と問い合わせを受けていましたが、個人的には投資環境の見方、スタンスは変わっていません。依然、不安要因を抱えているものの期待が先行したムードが「弱気」「慎重」な人たちの「売り」を蹴散らして、行けるとこまで行くと信号に引っかからずに車を走らせている感じです。

 「まだ順調に行けるのかあ?行けっちゃったあ」ってな感じですか。

 私は基本的には「ここまで来たら売り」と当初考えていた水準で売っておいたほうがよいと思いますが、「来年も引き続き強い」と思う人は割安だと確信を持つものが見つかっているのであれば、少しだけお年玉気分でチャレンジするのもOKだと思います。

 ただし売ることを決めて臨んだこの上昇相場で、あえて売るのを止めて様子を見ている人は、売損じにならないようにしてくださいね。来年になって、「思うような相場展開にはならないかも」と感じた時点で躊躇せずに売却を実行しましょう。

 それが出来そうにない人は、自分が冷静な時に決めた売目標では欲をかかずに売却することをお勧めしたいと思います。