あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
円安・日本株高にはずみがついてきました。特に為替相場は「落ち着きドコロがどこになるのか」と手探りしているうちに、スピード調整も入らず、節目を次々と抜けていきました。この間のカベになっていた水準が底となり、すぐには大きく円高に崩れそうなムードがドンドンと立ち消えとなってきました。

 米ドルは80円よりも90円に近くなり、豪ドルは92円、ユーロは115円に目が慣れてくると、これまで「円高・株安への不安」を訴えてきた背景がだんだん素直に頭に入らなくなってきます。ドッカーンと円高・日本株安の弱気の気持ちは逆に持って行かれて、「もしかしたら、金融相場から実需相場への入り口に入ってしまったかも知れない。見方を修正しないと見誤るかも・・・」と不安になる投資家も増えているのだと思います。

 引き続き、私は「踊らにゃソンソン」と行き着くとこまで行くつもりですが、今後は株式よりも為替の動きをより重視したいと思います。株高のピッチの早さを警戒する動きが高まる中で、それを円安の勢いが支える展開になるのではないでしょうか?

 米ドル80円は遠くになりにけり  字余りでした