株式相場も、為替相場もなぎの状態に入っています。これだけ円安・株高に動いてきたわけですから、少しぐらい休む場面があっても、いたずらに心配し、迷わないようにしたいところです。

 「納得した水準まで来たのだから、決めた通り売る」
 「この円安・株高のチャンスは滅多にないこと。この水準までで新規投資ができるようであれば、迷わず始めてみる」
 「一度、始めた投資。目先の動きに一喜一憂せず、この先、想定した水準まで値上がりしていくことを楽しみにゆったりと相場の動向をたまにチェックする」などなど

 このような自分の方針の確認を、相場が落ち着いている今のような時に行っておいたほうが良いと思います。そうしないと、円安・株高の水準が上がるほど、普通の精神状態を保つことが難しくなります。リスク資産への投資は、値下がりしても、たとえ値上がりしてもストレスを抱えるものになりかねません。
そうならないようにするには、「先はこうなることもあり得る」と想像して準備しておくことが役に立ちます。