悪い結果となり、「過去に戻ってやり直せたら」と後悔した経験はどなたにもあると思います。
 株式などの値動きがあるものは継続して持っていると、時として「売っておけばよかった」と後悔した株価に戻ってくる機会があったりするものです。
 過去の反省を活かして「今度は売ろう」と考えるか、今度は違う結果になると考え「売りを様子見」、もしかしたら「もっと買おう」と考えるかもしれません。そして、また後悔する結果になったときは「今度こそ売ろう」と心に決めるかもしれません。こうした経験は知恵になりますから、無駄にはなりません。
 大事なことは経験を知恵にするために、「何故後悔することになったのか」を反省し、「今後どうするか」をその都度考えることです。
 インド株が最高値を5ヶ月ぶりに抜きました。年初 9390 で始まったインド株は5月に 12612 まで上昇しました。
 その後ほぼ1ヶ月間株価は下げ続け、6月にはなんと 「8929」 まで暴落しました。このときインド株に投資した人は何を思ったでしょうか。
 その後インド株は再び上昇基調となり、5ヶ月ぶりに5月の高値を抜き、現在はなんと 「12736」 となりました。
 たった1ヶ月の短期間で最高値から年初の株価を割り込むまで暴落したインド株。直近5ヶ月で4割以上も値を上げたインド株。
投資に正解はありません。もしあなただったら、どんな対応をしますか。「売却」?「様子見」?「追加買い」?
 年末はどんな展開になっているでしょうか。経験値を上げるために、自分だったらと考えてみてはいかがでしょうか。年末のインド株の水準を楽しみしましょう。