為替水準が円高の修正で戻るピッチが速かったために警戒感が高まってはきましたが、それはピッチが速かったということに対する警戒であって、水準が警戒感を伴う円安になったという警戒ではないと私は考えています。

 最近、報道で円安の影響で値上げせざるを得ない」という値上げの話しを聞くことが増えてきました。日本人の多くはおそらく、円安で物価が上がることに対して「十分、対策は打っている」と胸を張れず、「何か対策を考えねば・・・」と悩み始めた段階ではないでしょうか。

 そういう意味では、その対策として「円資産以外の外貨資産を持とう」と考える人が増えるのはこれからだと言えるでしょう。円安に日本人が喜んでいる時期は短く、円安対応に悩む時期が長くなる投資環境に備えが必要な方だらけだと思います。