為替相場も株式相場も膠着する展開となり、「さすがに調整が入ってもおかしくない」という声もあがっています。
・・・・が、私の印象では、結局、「押し目らしい、押し目もなく、このまま、さらに株高・円安を目指すのかあ」とムードが高まり、一気に上向くきっかけがいずれ来る展開を想定していて、以前から申し上げていた「上がってから下がる」のまだ株高・円安の過程にあり、大きく値下がりする機会はもう少し先になるという見方を変えていません。

 調整する期間がもしあるとしたら、その調整の幅は、ここで売って買い戻したほうが得になるほど大きなものになるかがポイントですが、私には、その確信が持てないでいます。

 この膠着した相場に動きが出るまでは大きな賭けをせず、静かに日常を過ごしたいと思います。