株式の売買代金がやっと1兆円に乗せるのがやっとであった日本株市場が様変わりしました。現在は1日当たりの売買代金は2兆円程度、多い時は4兆円というボリュームの日も出てくるようになりました。

 昨年の秋。まだアベノミクスの兆しもなく、海外投資家が誰も日本株に見向きもしていなかった時に、セミナーでは「売買代金が1兆2000億円~4000億円までボリュームが増えて、参加者が増えれば外人投資家が日本市場に戻ってきて、そこでやっと日本株の上昇の準備が整う」と話していました。

 日本株の上昇相場として思い出すのは小泉政権時代。日本人がメガバンクさえも倒れる悲惨な状況に浸っている時に、米国の機関投資家が下値を拾い、欧州の機関投資家と国内の機関投資家が売り浴びせ、それでも米国の機関投資家はガンガンと買い続け、日本株相場はさらに押し上げられ、ついには欧州の機関投資家は売りから買いに転じざるを得ず、上げ相場の勢いが増していきました。

 最後まで、売っていたのは「なぜそんなにリスクを取り続けるのか」という非難におびえ、右にならえで同じ行動を取る傾向にある国内の機関投資家。

 今回も同じ展開になりそうですね。こんなに大きな売買代金が続いているのに、それでも日経平均株価ベースでの動きが鈍いということは、相当、国内の機関投資家が持ち株を手放しているのだと思います。

 その国内の機関投資家がドテン「日本株は安い」と喧伝して買い始めるまでは、日本株相場の急落
に対して、それほど神経質にならなくてもいいのではないでしょうか。

 この水準で大きく売っておきながら、この先、株式相場が持ち上げられた時に、「過去の水準から見て、現在は割安」と理屈をつけて国内の機関投資家が当たり前の顔をして人様から預かったお金で買い増しをしていく。そういう人たちがいるから、思わぬ水準まで値上がりすることがあって、株式投資はおもしろいのですが、プロとして信頼し、預けている立場でいえば許せるものではありませんね。