私は現在も、円安・日本株高の途中にあり、つい先日の円安・株高の水準が天井だったとは考えておりません。が、しかし。この水準で手入れをもせず、放っておいたら、「安く買って高く売る」キャピタルゲイン狙いの投資対象はいずれ損を抱えてしまう水準までは価値が上昇してきたように感じています。

 そのため、今後も当面は値上がり益を狙って、すぐに利益が確定できる良好な環境が続くと思いますが、だんだん利益の幅は薄くなり儲かりにくい環境に向かっているのは間違いないでしょう。
物色される対象もコロコロと変わりやすくなり、個別の銘柄で盛り上がって買ったものの、その後は鳴かず飛ばずで結果高値づかみになるケースも増えると思います。

 したがって「これからでも間に合いますか?」という投資家には、「いつ相場の転換点が来ても慌てないように準備して、気をつけていってらっしゃい」と声をかけます。

 キャピタルゲイン投資に疲れ、リスクにおびえ、しかし円安に不安、不満な資金は外貨投資に向かうと私は想定しているので、この先、きっとそうなるだろうと思い当たる人には、利益確定した資金の受け皿として外債型投信を勧めています。

 自分はこの先にどんなことに悩むことになるだろう?

とゴールデンウィークの後半を迎え考えてみてはいかがでしょうか?