ニューヨークダウ指数は15000ドルの大台乗せを達成し、米国市場では今後も株高を期待するムードが高まって来ました。そして日経平均株価も14000円台を固めて15000円を目指し、米国株式と肩を並べられる水準まで猛追しています。

 これだけの水準まで毎日の売買代金が増え、参加者が増えてくると、プロの肩書きを持った投資家は日本株市場を無視できなくなるを通り越して、出遅れた分をキャッチアップして、これまでの無関心の所業を取りつくろうと困っている人も多いでしょう。
 「こんな水準で投資したくない。安くなるときはきっとあるはず・・・」と少しずつ少しずつ買い足しながら、じっとその時を待っている方も多いのではないでしょうか。

 「バッカじゃないの、ムードだけで買い上がるなんて」と傍観を決めていたけど、もしかしたら年内はこのままジリジリ上がる展開が続くかも

 「相場が天井をつける前に自分も参加しておかないと、他が実績を残す中で、自分だけ結果をだせないことになるかもしれない」と小出しに買いを入れ始める

 そんな行動が相場をさらにしっかりさせる

 多くの専門家が「日経平均株価の17000円??それは楽観しすぎ。あり得ない」と切り捨てた。
「株式投資を始める絶好のチャンス」、安いときに言って欲しかった。

 天井をあてることはできないけど、天井に向かう過程にあることは確か。
ここからの株高・円安で、自分はどうするかを決めておきましょう。
「一般的に、みんなはどうしますか?」なんて質問はナンセンス。人はそれぞれ。
自分はどうするかです。

 投資行動は3つしかありません。買いますか?売りますか?様子を見ますか?
そして、あなたはどうしますか?