米国株式市場こそ、現在が天井だとは考えていません。個人的には、量的緩和の解除を現段階で行うことはないと思っていますし、ましてや金融を引き締める転換が行われるとは思えません。そして、いずれ景気回復に伴い、量的金融緩和が解消されていくのは自然な流れですし、それは米国株式市場が金融相場から脱皮して、本格的な景気回復を期待される実績相場の始まりであり、相場は強含む次のステージに入ることになります。そうなるかどうかは現在のところはまだ未知数ですが、米国株式相場が世界の株式相場をリードする時期は当面続くものと私は期待しています。

 もし米国株式相場が先週と同様に堅調で推移するようであれば、日本株式相場も14000円で底を固めて、再度、上昇期待が高まるものと想定しています。つまり今週の注目は米国株式相場の動向次第ではないでしょうか。

 先週の動きを見ると、今までメインプレーヤーとして買い進んできた投資家で利益確定を行い撤退を実行したところがいくつも重なった結果のように思います。一方で、新たに参加する大型プレーヤーもあり、その買いにうまく売りをぶつけて逃げていった形ではないでしょうか。

 プレーヤーの交代は、新たなエネルギーの注入でもあり、先週の展開は長い目で見れば、「あの時は少しヒヤッとしたよなあ」というひとつの重要な転換期として記憶されるものになると私は思います。

 中途半端な参加はやめましょう。押し目を拾うと決めるのか、利益確定を優先するのか、様子を見るのか。株高・円安を期待する相場はまだまだ続くでしょう。