為替が円高に振れて、金利が上昇し債券の価値が下がって、外債型投信の基準価額が大きく値下がりをした。「外債投資をこんな環境で続けていて良いのか」「この間、投資した外債型投信は失敗だったのではないか」と、少なからずの投資家さんから問い合わせを受けました。

 外債投資は、債券が破たんしなければ、ただ保有するだけで元本が利金で増えていく傾向にある、一般的な日本人にとって好ましい投資対象だと私は考えています。もちろん、円がすべての通貨に強くなる「円の独歩高」の時や金利が急上昇したときには元本価値が一時的には大きく損なわれる事態があり得ます。
 しかし、私の経験則では、こうした円の独歩高の時や金利が急上昇して、外債型投信の基準価額が急落するときは外債投資に慎重になる場面ではなく、むしろ、そのシグナルを追加投資や新規投資のチャンスとして積極的に検討すべき時です。

 「いつまで円高が進むのか」「いつまで金利が上昇を続けるか」なんてわかりませんが、外債投資を行う良い条件は、「できるだけ円高」「できるだけ金利が高い」ときであるはずです。その時に、外債投資に慎重になってしまうのはもったいないと言えます。

 円安が進み、金利が低下して債券価値が上昇し、外債型投信の基準価額が上がり続ける過程は投資家にとって心地の良いものですが、投資機会としては、むしろ慎重でなくてはいけません。

 円安になってから外債投資に取り組む・・・・
これで優良な外貨資産を手に入れることができますか。
 外債投資は円高のときこそ、金利が高い時こそ、検討する。
どこまでも円高が進むわけないし、どこまでも金利上昇するわけでもない。円高の過程、金利上昇の過程で、コツコツと追加投資を繰り返し、将来損をしそうな円安の場面では慎重に対応するのが外債投資で成果を上げるコツです。