ついつい選挙速報と同じように血が騒ぎ、午前5時前には目が覚め、テレビに見入っていました。なんと、スペインが落ちて、日本とトルコの決勝だとの話。

 しかし、あり得ない。5時発表のはずなのに、15分が過ぎても、まだプレゼンターが出てこない。焦れていました。


 結果は、東京と決まりよかったですね。安倍総理は運をつかみ取り、東北復興、原発問題、インフラの老朽化対策と次々課題解決に向けての前向きな一歩を踏み出すことになりました。

オリンピックの開催国になったことでの経済効果はさほど大きくないと言われていますが、国として目標をしばらく失っていた日本に目標がそえられたことは非常に価値があると私は思います。


 今回のオリンピック開催地の選考が問題を抱えた国ばかりの消去法での決定でしたが、金融・経済の世界でも同じような状況です。今後は消去法で、日本の金融・経済の安定度がさらに世界の投資家から見直される時期がしばらく続くことが約束されたのだと思います。


 9月相場はやはり楽しみな機会になりそうですね。