現在の日本株式相場を2003年からの上昇相場や2005年からの上昇相場と比較する人が多くいますが、世の中のムードとしては1987年のブラックマンデーあとに似ていると思います。その後の相場のように、あんなに上昇する相場になるとは思いませんが、金融機関には多くの外人がビジネスチャンスを日本で開けないかとプレゼンに訪れていました。


 今となっては無知で恥ずかしいですが、当時、私が名前を知らなかった超有名な金融機関の人がアポを取ってプレゼンのお相手をしていたのを思い出します。当時、ぺいぺいの私に担当させたわけですから、上司もおそらく私とあまり変わらない精神状態だったのかもしれません。


 外国人ビジネスマンの訪日が増えると、自然に町は活気づきましたね。今回はビジネスマンに加えて、観光客まで増えるとなると、やはり、「10年間見ていた景色は変わっていく」と前向きに変化を捉えたほうが良いような気がします。ムードに流されず、このチャンスを活かし結果を残したいものです。