米国の暫定予算が成立せず、一部の政府機関が閉鎖されました。にもかかわらず、米国株式は平静でニューヨークダウは上昇するという、ある意味、不気味なことが起こっています。

下がって日本市場に戻ってくるなら当たり前に受け止められますが、それほど政治の茶番劇に白けてしまっているということでしょうか。


 今後、FRB議長の後任決定とその後の舵取り、量的緩和策の縮小スタートに伴う新たな景気対策とリスタートを控えて神経質な問題を抱えているのに、目先の景気堅調さで米国議会に平和ボケが広まっているといえるでしょう。こういう緩みが投資環境を悪い方に転がすきっかけになるから注意が必要です。


 いずれにしても、今は大勢を見るとき。わからなければ、迷ったら動かないほうが賢明です。