株価はムードを先取りして上がったり、下がったりするものであれば、特に日本株相場の当面は上昇することを前提に投資戦略を組むべきなのだと思います。


 私はあまり関心ないのですが、ハロウィンのイベントは盛り上がっているようです。お歳暮のシーズンに入りましたが、これも少し高額なものを送る人が増えそうだというし、おせちもプチ贅沢、世界的にクリスマス商戦は昨年以上盛り上がるのは必至とも言われています。


 株価がなかなか上がらないのを見て強気なコメントがあまり聞かれなくなりましたが、これも株価次第であり、上がってきたらきたで、ムードに支えられて強気なコメントが飛び出すようになるはずです。そのコメントに意味があるわけではないですが、そういうコメントが増えてくると、投資に取り組む踏ん切りがつく人が増えてくるのも事実です。


 そして来年1月からはNISA(ニーサ)が始まります。別に制度が開始したら投資を同時に始めなければならないというわけではありませんが、多くの人は「いっせーのせっ!」で始めますから、相場に与えるインパクトは少なからずあると思います。


 したがって、少し先を見れば、ほんの少し先を見れば、この先、株価が下落していく展開は非常に考えにくいと考える次第です。リスクを取った人が報われる日は近いと私は思います。