昨日、安倍総理は靖国を参拝しました。聞くところでは、米国からは「靖国の参拝だけはやめてくれ」と常に念を押されていたとそうです。これだけはの約束を破ったわけですから、怒るのも無理がないように思います。参拝するのがいいのか、悪いのかの評価は別として・・。


 日中関係、特に韓国に関しては日本に対して「振り上げた拳をおろす」タイミングを探り始めた矢先だったと関係者の間では失望感が広がっています。


 我が身におくと、ここで敢えて安倍総理に靖国への参拝を特に望んでいたわけでもなく、「俺はやったぞゥー」と安倍総理が誇示したかっただけで国益にはマイナスのほうが大きかったように感じました。


 今回の靖国参拝の断行で、今後に光があるとしたら、「安倍総理は周りがどう思おうが、これと決めたことはやる。周りの顔色を見て何もしなかった歴代総理とは違うかも・・・」という点でしょうか。


 日本と交渉するには、日本を動かそうとするなら、安倍総理の理解が必要だと日本の顔として強いアピールにはなったと思います。リーダシップと傲慢は裏表。

「決められない政治」から「トントンと進んでしまう政治」へと政治リスクの質が変わってきました。


 どの地域で何が起こるかわからない。相場の乱高下を意識して投資しなければならない難しい2014年相場になりそうです。多くの投資家はキャピタルゲイン投資は慎重であった方がいいと思います。資金が拘束されず、インカムゲイン投資に関心を持ってください。キャピタルゲイン投資のように大きなリターンは期待できませんが、大きく財産を減らす可能性は低くなります。誘惑に負けず、財産を大きく減らさなければ、次のチャンスを活かす気力を温存できます。


 楽しむ程度の余裕を残して投資しないと疲れてしまいますよ。