2012年年末が景気の熱い部分と冷たい部分の冷たい部分に目を向けた人が多かったのとは逆で、2013年年末は「熱い部分」に不信を残しながらも認めざるを得ない状態にあると思います。


 秘密保護法に続き、今回の靖国参拝により、アベノミクスの明るい材料だけではなく、一人勝ちでおごる安倍総理の政治リスクがクローズアップされました。これをきっかけに安倍総理が経済優先の軌道に戻るきっかけになればいいのですが、そうではなく、さらに我を通す、己を通す政策を進めようとすれば、国内外で批判の火勢が増して良好な投資環境が混乱の中で頓挫する可能性もあります。


 明らかに今回の都知事選は盛り下がっています。白けています。これは政治に対する期待が落ちている証拠、つまり政治リスクが高まっているとも言えます。安倍総理には、来年午年は、まず景気面の仕上げに専念してもらい、政治が景気の足を引っ張らないようにお願いしたいものです。


 政治が邪魔をしなければ、個人消費が盛り上がり、企業が設備投資にやっと火をつけるところまでやってきました。やっと、やっと、ここまできました。

「昨年末はゴタゴタがあり心配もしたけど・・・」と振り返ることができるように、来年早々に政治リスクの火種を消すことに注力して欲しい。現在の環境では「熱き心に冷静さ」が必要で、舞い上がってしまわないようにしましょう。何か空模様が怪しいです。