想定通り、日経平均株価は15000円をはさむ展開になりました。可能性としては高いですが、15000円を割り込み、頭の重い状況が長引けば、日本株式相場の短期的なリバウンド期待が萎えてしまい、目先の値上がりをあきらめた処分売りと「売りで仕掛けて儲けよう」という参入が増え、「買うから上がる。上がるから買う」で上がってきた銘柄の中にはきつく下げる銘柄が目立つようになることが予想されます。


 しかし、日経平均ベースではここから大きく急落する水準にはなく、徐々に「日経平均株価の値動きは落ち着いてきたなあ。すぐに値上がりは期待できにくいけど」と膠着状態に入るのだと思います。そうなったら、玉石混淆で売られた中で、売られすぎてしまった玉を、すぐの値上がりを期待せず、拾う機会なのだと思います。


 願わくは、「日銀に追加緩和を!!」と目先の対処を求めるのではなく、このマーケットの動揺をきっかけに題目ではなく、経済優先の政策執行に安倍政権には本気度を見せて欲しいと思います。