昨日は、大阪の、主に元気なおばさま方向けに話をしてきました。大阪で話をしたのは10年ぶりで、ムードに合う話ができるかなあと少し戸惑いがありました。今回聞きに来ていただいた方たちは違いましたが、以前うかがった際の印象が、「大阪の方はなんて自由なんだろう」というものでした。


 話の途中でも、「先生!」と質問をしてきます。一人の方がそうされて、それに答えてしまうと、それが当たり前になり、聞かれている方が思いのままに質問をするようになります。そのときは観念して、すべてを話しきるのをあきらめて流れに任せようとした覚えがあります。


 たまたま、私が話したときに集まった関西の方がそうだったのかもしれませんが、そのときに集まった方は素直に「聞きたいことを聞きに来たのだから、もっとそこを聞きたい」という思いだったように感じました。


 今回のおばさま方は熱心に聞いていただきました。私が今回のセミナーで伝えたかったことは

①安く買って高く売る株式のような投資対象は放っておいては駄目ですよ。放っておくと高値から3分の1になってしまう覚悟が必要です。少なくとも現在の水準は放っておいたら大きな損を抱える可能性があるので、「高いところでは売るぞ」と意識して、決して「売損じ」ないように注意してください。


②大抵の人は高いところを見て安く売る決心ができないので、結局価値が3分の1になる底をみてしまうことになります。そういう人は安く買って高く売るキャピタルゲイン投資に見切りをつけて、定期預金のようにじっと満期まで持っていれば元本が利息で増えていくインカムゲイン投資に切り換えていきましょう。特に外債投資はお勧めですよ


③もし「株式投資は難しい。外貨投資は性に合わない」と言う人であれば、変動金利型10年個人向け国債がお勧めですよ。インフレに伴う金利上昇対策になりますし、1年間は売れませんが、その後は額面1万円単位で政府が買い取りを保障しているので万一の資金繰りに役に立ちます


④くれぐれも、「投資をやらなくちゃ」と人に追い立てられて取り組んじゃ駄目ですよ。投資はわかってやらないと余計な不安を抱えてしまいます。わからないのにエイッヤッで飛び込むのは無謀、無茶です。もし始めるなら、預金に近い「債券」投資を検討して、理解して、それで物足りないようであれば、株式などリスク資産投資を検討しましょう。自分に合った投資スタイルがあります。それは何かを検討しましょう。


 などなどです。人の前で話すことは勉強になります。また良い勉強をさせていただきました。ありがとうございました。