日銀の追加金融緩和期待に加えて、日本株や円安がジリジリと進んでいるのは年金資金等が日本株式や外貨資産に実際流入していたのだと思います。毎月の繰り返しではありますが、月初に発表を控える米国経済指標に反応して米国株式が値上がりする期待もあると思います。


 いずれは私も、悲観ぶった顔を改め、「踊らにゃソンソン」と強気の顔になる事態を期待していますが、現在はまだ投資には慎重であるべきと戒めています。


 株価が上昇してくると、期待していた「日銀の追加金融緩和」は当面なくなります。株価が下落して、「このままにしていてよいのか」というマーケットの声が「日銀の追加金融緩和」の実行を求めわけですから15000円水準まで株価が戻れば、大きな買い材料のひとつが消えてしまうからです。


 昨年ならいざ知らず、いったん期待が冷えたマーケットに熱を戻すには、ただ単に期待を持たせるだけでは本物になりません。やはり、具体性を持った成長戦略が出て、しかも、「本気だ」という実際の足跡をつけないと今後の日本株式相場の上昇は短命に終わると想定し、相場とつきあっていかなければなりません。


 そういう意味では、もし来週を見て、それでも日本株式相場に期待が持てそうであれば、凍ってしまったマインドを今一度見直したいと思います。


 為替相場の円安基調回帰にやっと注目が集まってきました。私としては、円高期待を振り払って、円安期待へ流れる瞬間のほうに関心があります。