やはり日本株相場は底を探る展開となりました。ただし、日経平均株価の14000円水準からの底割れは16000円、15000円の大台割れとは意味合いが異なります。16000円、15000円の大台では下がっても幅は知れていますが、14000円を割り込むと1000円から2000円の幅で短期間に大きく下げる可能性を覚悟したほうがいいでしょう。


 このブログでは何遍も取り上げてきた話題ですが、成長戦略が提示される6月を目の前にして、興味深い具体的な画写真が政府から出てこず、いまだに投資環境の好転のきっかけは「日銀の追加金融緩和」と「年金運用のリスク資産への割合を高める」イベント以外に見当たらない貧弱な状況が続いています。


 普通に考えればこのままいくと、6月の内容を見て、「あーあ」と売り直される展開になる可能性が高いでしょう。


 ただし、個人的には今年に入ってから相場に関心のない状況が続いていましたが、少しワクワク感が戻ってきました。


 「押しても駄目なら引いてみな」


 相場が膠着した状態から抜けるきっかけは、大きく下げないと上がらないのです。「上がれ、上がれ」ではなく、「下がれ、下がれ」という流れが反発のきっかけになります。今年の相場は難しい。絶好の買い場や、絶好の売り場という機会は今年はあまりなく、貴重な機会を迎えようとしているのではないでしょうか。