ついに1ドル=105円台に乗せ、「とりあえず売っておこうか」と「安いところでは仕込んでおかないと・・」がぶつかりあって、為替相場に活気が戻ってくるように思います。


 ドル高・円安は当面は株価を下支える好材料と言えるかも知れませんが、円安でも売り上げが伸びず、むしろ利益が減ってしまう多くの企業、輸入インフレを心配する多くの個人の不満・不安の高まりから、「株式などリスク資産投資に対する警戒→債券投資・外貨投資への関心が高まっていく」流れも時間の経過でより鮮明になってくるのではないでしょうか。


 我々は「本当にドル高・円安がさらに進むのか」という話題よりも、「ドル高・円安が行き過ぎたらどうすべきか」と、さらにその先の対応に関心を持って行動したほうがよいと思います。


 105円台は「ドル高・円安で躊躇する」ような水準ではない。躊躇に値しない、走り出すのはこれから。