欧州の景気停滞に続き、やはり日本の景気も期待はずれとなったと見方が広がるに連れ、低成長ではあるが米国景気のほうがましと相対的な評価が高まっているように見えます。


 したがって、一昨日、米国株式大幅高で戻ってきたにもかかわらず、日本株相場が大きく下げたちぐはぐな現象は納得が行きます。日本株相場の回復・上昇は、米国企業の業績好調や米国景気の堅調によって支えられるものではなく、やはり日本の景気や企業業績、そして個人消費に明らかなプラス材料が新たに出てくることが前提になるのだと考えます。


 「GPIFの株式投資割合が上方に修正されたのが相場が上昇した理由」というのは、相場が上がったが為の後付けの理由であって、私はたまたま重なっただけだと思います。本当に、GPIFがこの決定によりスタンスを急変して日本株投資に積極的になるような気がしないからです。


 むしろ今後は、私のように「本当に期待して良いの?」「これって、すこしやばくない?」とイヤなイメージを膨らまし日本株投資に慎重になる人のほうが増えていくように思います。


 だから「日本株投資に慎重であれ」と申し上げたいわけではありません。すぐには儲からないかも知れないけど、じっくり持つつもりであれば利益確定が期待できる割安な水準で投資できるチャンスがあることを連日お伝えしています。


 狭いボックス相場で利益を確保するには、決してボックスの高い水準で投資してはいけません。長く塩漬けになってしまう資産を増やしてしまうことになります。もし、こうした投資環境で株式投資を行うのは無理かもとこの日経平均株価15000円のところで感じている人は、くれぐれも今後の株式投資には慎重であった方がよいでしょう。株式への新規投資はお勧めしません。


 そういう人は、なんべんも繰り返しになりますが、株式投資ではなく、今後投資を行うなら債券投資、外債投資の検討をお勧めします。