消費税引き上げを見送った結果に対して信任を問うために解散選挙を行うなんて大義になるわけがありません。消費税の引き上げの影響を見誤り、加えてアベノミクスの肝心要である成長戦略「規制改革」を何も行わないできたこれまでの経過を認めて、国民に謝罪すべき。


 その上で、もし信任をいただければ今度こそ脇を見ず、景気を優先して「規制改革」を進めたいと宣言するなら、解散の意味も理解できないわけではない。


 そもそも、無駄な内閣改造を行い、無駄な解散選挙を行うほど猶予はなく、もはやアベノミクス相場への期待はしぼんでしまっています。しかしながら、日本の光はここにしか見えないのが実情であり、この火種を絶やしたら再び日本はデフレ・じり貧成長に逆戻り。安倍政権は「国民を期待で舞い上がらせてどん底に落とした」政権として名を残すことになるでしょう。

もう後はないのです。


 「今やれば負けは知れてる」からと大義のない解散選挙に浮かれる政治の国の株式を長期投資で買えるわけがない。株価をおもちゃにして儲けようとする質の悪い投機家が集う鉄火場に嫌気がさしてまともな投資家はますます傍観者になってしまう。その鉄火場のメインプレーヤーになっていく日銀に、このまま突き進むのかと疑問を禁じ得ない。そんな政治と一蓮托生でいいのか。後は野となれ山となれ。