野党から「アベノミクスは失敗だ。認めろ」という声が上がっていますが、私はそれ以前の問題だと思います。アベノミクスの政策は、第1の矢「大胆な金融政策」、第2の矢「機動的な財政政策」、第3の矢「民間活力を高める成長戦略」の三本柱の実行だったはずです。


 第1の矢は、黒田日銀を引き込んで、日銀の責任で十分やっていると思います。第2の矢は、無駄遣いやバラマキの指摘もあり、国民の血税の大盤振る舞いしたにもかかわらず、人手不足やなんやかんや理屈をつけて、遅々として進まず、第3の矢に関しては、やる気を感じられない虚脱状態。


 アベノミクスの失敗かどうかを語る以前に、日銀に頼る以外に何をしてきたのか。それでいて、株高・円安を手柄として語るのは、聞いていてこちらが恥ずかしくなる。


 このブログを書いていても、何度もアベノミクスではなく、アベノミス(あべのみす)と打ち込んでしまう始末。安倍政権与党に望むべくは、一も二もなく、これまでの無策を認め、アベノミクスの三本矢の政策を危機感を持って具体的に実行すること。


 「今ならまだ負けは少ない」と見た選挙もふたを開けてみなければわからない。ここまで景気の風を見誤っておごっていた自民党の状況判断は甘いと思う。