相場の基調によって、強気な発言がポンポン飛び出してきたかと思えば、相場が下がり出すと、後ろ向きな、今まで想定したことがなかったマイナス要因が今出たかのように、不安をあおる話ばかりになったり。


 いちいち、そんな話に一喜一憂していたら、今年は去年以上に大きく振れる相場展開になりそうなのですから心も体ももちません。


 ほとんどの人は、器用に高いところで売って、安いところで買うなんて繰り返しはできないのですから、

何回かのチャンスで、頃合いの良いところで売り、頃合いの良いところで買えたら納得し、満足しましょう。


 「あー、もっと高く売れたのに・・・・」

 「あー、もっと安く買えたのに・・・・」


 そこそこで売れて、高値づかみをしなかったことに感謝して頭を切り換え、これからの「買い」、あるいは「売り」のタイミングを逃さないための準備に時間を割きましょう。


 私の場合は、今日は機会があったら「買う」とか「売る」とか確信が持てない日は、結果を確認するだけで相場の流れは見ないようにしています。


 ストレスを自ら背負い込まないように・・・・


 変化はストレスではなく、チャンスです。ストレスに感じて終わらせるのではもったいないです。