本日、日経記事を眺めていてニンマリしてしまった。「骨太方針を決定」というタイトルの説明記事を読んでいくと、
経済財政運営の基本放心… うんん?基本放心… 誤植だあ 基本方針を見逃すなんて…と何故かすごく嬉しくなりました。

これはもしかしたら、日経記者があまりにも骨太の内容が無いので放心という言葉で皮肉ったのか…なんて

しかし、昨年から「来年の6月には骨太の方針が出ますから」と何度も安倍総理が期待を持たせた内容がこれなのかと思うとがっかりです。今回で3回目となる成長戦略ですが、過去2回に掲げた方針の進捗状況はどうなっているのでしょうか?検証したようにも見えず、ただ言い放し。

結局は、黒田日銀を取り込んで日銀の責任で量的・質的金融緩和に持ち込み、期待で円安・株高基調へと結びつけたのが唯一の功績で、後は、経済・景気はそっちのけで、成長戦略よりも安保にまっしぐら。
安倍政権にもはや成長戦略や社会保障のセーフティネットを期待するのも空しい。こんなに馬力のある政権もなく、安保行政並みに成長戦略に対して情熱持って取り組んでもらえれば10年後の日本も大きく変わるかもしれない期待があるだけに本当に空しく思います。

おそらく黒田日銀総裁も、安倍総理と組めば成し遂げることができると期待していたのでは無いでしょうか。双方の思惑にズレが生じているように私は感じます。
歯車が噛み合わない状況が国内、海外で顕在化してきており、投資環境の質はどんどん悪くなっています。値動きが大きい相場展開になることを前提に心の準備をしておきましょう。