郵政3社の株価の上昇が目立つ相場展開が続いています。昨日も東証一部売買代金のワン、ツー、スリーを独占、「郵政相場」というネーミングもあがってきています。


 郵政3社のIPOは、投資初心者が多く応募したと聞きます。結果論でいえば、値上がりしたら利益確定するという決断がなかなかできない人が多いため、株価の値上がりに喜ぶ人が多い中で、売りに出す人が少ないのだと思います。


 一方、売買代金が多いわけですから、売りが少ない中で買いを入れれば値上がりしやすいのは道理で、短期的な値上がり益を求める対象としては最適な状況が続いていると言えるでしょう。


 そこには、郵政3社の業績の先行きなど関係なく、儲かるかどうかの一点だけが関心事。上がり過ぎて、行き過ぎれば、「売り仕掛け」でも儲かるかもと、株価の乱高下を儲けるチャンスと考える投機家は興味津々なのだと思います。


 ある程度、高いところでは、「冷やし玉」が出て、噂になり、郵政相場は終わりを迎える・・・のかも知れません。


 郵政3社株が出る前は日経平均株価の上下の値動きを取りに行く「日経レバレッジ」が相場の主役でした。個別企業の業績を見て割安な評価の株式をじっくり持ち、大きな成果を刈り取る時機を待つバリュー投資・・・・が懐かしい。