日本株相場は、上値も余り期待できないけど、大きな下げもなさそう。


 そんな上下の動きが乏しい展開が続く中で、突然の根拠レスな急落に見舞われて損を抱えてしまうと動きが緩慢な中でその損を取り返すのが難しい。難しい相場の中でも、投資をしなければならない仕事の人は気の毒な状況が続く。


 したがって、オーソドックな分散投資やドル平均法の積立てを唱えるだけではインパクトがないので、投資家の感情に訴える


 「ロボット」とか「フィンテック」だとか、魅力的なテーマを掲げて資金を集めようと、投資信託のネーミング作りに励むところが増えている。

「対象を絞らないと一攫千金は難しい」、そういう環境にあるのだと思います。


 今年の年末相場が高くても、来年も高いとは限りませんし、同様に安くなったからといって来年も安いとも限りません。例年以上に、来年の相場見通しを立てるのが難しい。 難しいですね。