「本日の日銀の決定会合で追加金融緩和策を決定する」のではないかと市場関係者の間で期待が高まっていますが、私は黒田日銀に、その蛮勇をふるう余裕はないと考えます。もし動くとすれば、政府が主導して成長戦略を具体的に押し出し、日銀がそれを後押しする形が必要だと思います。


 しかし、政府も「日銀にやれ」とは簡単に言うけど、いざ自分の責任となると、「期待外れになるかも知れない。市場にトドメをさすかも知れない」、大いなる無駄球を打つ勇気はなく、おそらく、ECBが追加金融緩和を示唆した春先までは具体的な行動は取りようがないのではないでしょうか。


 追加金融緩和と選挙の年であることしか、買い材料が見当たらない日本株式相場は、行き過ぎた下値を拾う投資スタンスが今後の主流になると思います。