マイナス金利は借金の多い人や企業にメリットがある・・・


 確かにその通りのように聞こえるけど本当か。


 預貯金者はマイナス金利が導入されると、否応なしにもらう利息は減っていくし、振込や引き出す手数料が高くなっても利用せざるを得ない。


 だけど借金のローン金利はどうだろう?既存のローンも、預貯金のように何もしなくてもローン金利を機械的に下げてもらえるわけではありません。


 新規に借り入れを決める方、乗り換えの交渉を行った方がマイナス金利の恩恵を受けることになる。

つまり銀行や金融機関が借り入れを認めた方・・・という条件付きです。


 銀行株がマイナス金利の導入で、利ざやが縮小し、収益が悪化すると強烈に売り込まれて株価が急落した様子が、将来の金融機関の収益環境の反映だとすれば、金融機関は保守的になり、不良債権を嫌い、より確かなところに貸したいと融資に慎重になっていく想定が必要なのだと思います。


 すると、冒頭の「借金の多い人、企業にメリットがある」と考えるのは早計で、貸し手の立場に立つと、「このまま、ここは貸し込んで良いところ」と「このままで大丈夫かと慎重になるところ」のチェックが入り、体力のない金融機関ほど「儲かる先がないから融資を取れ」と単純には動けないのではないでしょうか。


 過去の相場環境を振り返っても、借金の多いことが買い材料として長続きした例はなかったのでは。 


 結局は、金融機関が誰もが貸したいところに殺到するのではなく、資金需要を起こす提案をして与信先を新規に広げていくしかないのだと思います。