ドル高基調の時に売られていた、売られ過ぎていた対象が大分売られすぎていた修正が入りました。

金価格、原油価格、そしてブラジルレアルなど高金利資源国新興国通貨などなど。


 売られ過ぎれば、いずれは売られ過ぎた修正が入り、場合によっては、買われ過ぎまで極端に振れることがあります。逆もしかりで、どんなにみんなが良いと評価するものでも、やはり妥当価値を超えて買われすぎれば、やがては修正される時期が必ず訪れます。


 米国経済はこれまで雇用環境の良好さが景気の先行きの明るさを支えてきましたが、今後は雇用環境の熱い部分ではなく、冷たい部分がフォーカスされることが多くなって、政策金利を引き上げる話題よりも、「金融緩和を期待するマーケット」と「景気は依然として堅調であり、政策金利の引き上げるタイミングを探っている状況だと主張するFRB」との綱引きになるのではないでしょうか。


 つまり、今後は、「米国景気は政策金利を引き上げるほどの力強さは失った」かを議論する段階に入り、ますます、リスク資産投資から利回りが残っているところに投資をする「イールドハンター」のニーズが高まっていくのだと思います。


 こうした不安心理の高まりは、否が応でも、確かな資産で利回りが相対的に高い米国資産が注目されるのは必然であり、現在のドル高が修正されている局面は、「ドルの今後は大丈夫か」とドル投資に躊躇するところではなく、ドル安をチャンスと考えるところではないでしょうか。