三菱UFJ銀行は、日銀のマイナス金利政策の元で国債を持ち続ければ、損失が発生しかねないと、トップバンクとしての資格でもある国債入札の特別資格を返上する方向で調整しているそうです。


 あっぱれです、三菱UFJ銀行!


 政府や日銀の目を気にして、「マイナス金利導入は意味がある。効果が出るまでには時間がかかるもの」とする御用学者や御用金融機関の経営者は無責任だと思っていた私は快感です。


 この一手により、マイナス金導入についての功罪について、誤魔化さず、逃げずにもっと真剣に考える機会になればと願います。


 日銀が市中から大量に国債を買い付ける行為を継続する中でマイナス金利を導入するのは、継続に無理があるだけではなく、日本国債の流動性を殺してしまう危険な試みです。いわば、日本が築いてきたこれまでの日本国債の信頼、国益を損なう行為です。


 「日本の国債を持っていると損をする可能性が高い」事態を放置したら、円資産での運用は非常に不自由な時代が続きます。三菱UFJ銀行に続き、運用を業とするところは、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の継続には限界が来ていると正直に実情を訴えなければいけないと思います。


 最後に改めて、三菱UFJ銀行はあっぱれです!!