「なぜ、買い場と言ってくれなかったか」「なぜ、売り場と言ってくれなかったか」と

上がった後、下がった後に悔やみを言われる人は多いけど・・・・


 例えば、株価が上がっているときは「もっと上がればいいのに・・・」、株価が下がっているときは「もうちょっと高いところで売りたい・・・」と、「天井はいずれ来るから」とか「これからもっと下がると予想されるから」とか今後の見通しを話して「売り」を助言しても、多く人は聞かない振りをします。


 それは珍しいことではなく、多くの人が行うことですから、その人が特別投資に向いていないわけではありません。


 私は、先日、日本株相場は株価の頭が重くなり、16000円の壁、次は15000円の壁ができて、当面は13000円から15000円の往来相場に入る可能性が高いと想定を出しました。


 この話を聞いて、ある人から、「前川さんは日本株に手を出すな」と言いたいのですか?」と質問を受けました。


 そうではありません。考えようによっては、ここから底ら辺まで、あと2000円程度値下がりする覚悟があって株式投資に臨むなら、「安いところで買って、高いところで売る」投資を始める楽しみな機会が先にあるということです。


 ただし、これから株価の頭が重くなり、買っても下がり、買っても下がりで日経平均株価が13000円程度まで値下がりしたときに株式投資を続けていく精神状態でいれますか?


 というところがポイントです。


 「とても、そんな前向きな気持ちになれない」と考える人は、その時、そう思える精神状態でいられるようにするために今できることはないか?・・・・と検討することが大事だと考えるのです。


 日経平均株価が13000円と言えば、世の中はパニック状態になります。多くの人の投資のやる気は失せてしまうでしょう。だけど、その時が本当の投資のチャンスです。チャンスと思える準備は出来ていますか?