安倍総理はアベノミクスは道半ばと認め、アベノミクスをさらに進めると国民に何度目かの約束をしました。もう3年以上も言い続けてきたものですから、マーケットに気持ちの余裕はなく、すぐの実行、結果が求められます。


 期待先行した「脱デフレへの10兆円経済対策」の内容はじきに発表になります。いい加減、バラマキではなく、規制緩和・規制改革の成長戦略に切り込めと、低失業率にもかかわらずゼロ成長から抜けきれない景気にイライラが募ってきました。


 大きく円安・株高を見込めない相場。やはり、「安く買って高く売る」投資ではなく、放っておいて利子を得ながら円安の時期をジックリ待つ「外国債投資」向きの相場展開が続くのだと思います。