現在の相場水準は正直つまらない。株式も為替も商品も・・・。上に行っても、下に行ってもおかしくない。
「何でこんな水準で買うのだろう」、「何でこんな水準で売るのだろう」という場面では、投資マインドがくすぐられ、アドレナリンの分泌が高まります。もっと上がったら、もっと下がったら、こうしようと先が楽しみになります。
 特に今は商品相場の下落で、利益確定を焦るヘッジファンドがあり、そのヘッジファンドが更なる利益確定のために何を売ってくるかに注目が集まっている模様。だとすれば、「ちょっと割安かな」と思って見ていたものが、利益確定の対象になってもっと割安で買えるかも知れないと待てるのであれば待った方が得策です。どうしても、今買わなくちゃいけないほど割安ではないのだから。
 「参加しないのも淋しいから何かを買っておきたい」と焦って投資した場合、大きな利益が取れないばかりか、せっかく割安な場面が来たときには既にナンピン買いを繰り返して、買い余力を無くし、最安値近辺で指をくわえて見なければならないことになりがちなので注意した方がいいですよ。
 投資は参加することに意義あると思われている方は別ですが。