東京の中心地区はミニ不動産バブルが発生していると言われています。既存の物件は競争が激しく、期待収益に見合わない割高になっていると久しく言われていますが、それでも高値落札が続いていると聞きます。金余りで運用資金がどんどん貯まってくるので、そのまま寝かして置くわけにはいかず、買わざるを得ないという運用者の声もあります。
 一方その不動産市況が割高な状況であることを横目に見ながら、せっせと短期で借りていた資金を長期に、金利は出来るだけ低いものに振り替えて、新規の物件購入よりも財務能力を高めることを優先させている運用会社もあります。
いずれ今高値で落札された物件も、取得した運用会社は将来収益が厳しくなり、持ちきれなくて売却してキャッシュを作らざるを得なくなる。その時にその時の妥当価値で買えるだけの余力・体力をつけておこうと準備していると聞きました。
 短期的にはどちらが成功するかはわかりません。今無理して購入した方が結果論でよかったということもあるでしょう。しかし、多くの人がこれまで経験しているのではないでしょうか。「今お金があったら安く買えたのに・・・」と悔しい思いをしたことが。
 投資で財産を残した人の多くは割高になったら利益を確定し、形に残す人。勝負を引きずってすべてをなくした人はよく見かけます。