球界トップの年俸5億円を勝ち取り、米大リーグドジャースでもプレーした、元オリックスの中村選手が2軍戦だけ出場できる育成選手として中日に400万円の年俸で再スタートを切りました。個人的には好きなタイプの選手ではありませんでしたが、オリックス退団後の球界から去らざるを得ない状況まで追い詰められて苦悶する姿を見て、中日落合監督の英断に拍手を送りたいと思います。「野球が好きでしょうがなかった野球小僧に戻って頑張る」という言葉が嘘にならないように期待し応援したいと思います。
 昨日、鈴木宗男議員がテレビで「刑務所に拘留される前とされた後では全然表情が違いますね」という問いに対して、「権力のトップを目指していたときは前しか見えませんでしたが、拘留後は後ろも横も見えるようになりました。回りに感謝しています」と答えていました。無駄な経験はないなあとつくづく思います。最近は本当に表情が豊かで良いですよね。以前は常に目がとんがっていたように思います。「坂田」顔にあの目は似合ってなかったですね。
 そして中村選手と逆の形ではありますが、「星の王子様」三遊亭円楽師匠が自分の十八番「芝浜」という噺を語り終えた後、突然の引退表明。「だめですね。こんな調子で」。出来が不十分で、お金を頂いて見せる芸ではないと自己評価された結果だそうです。自分に引導を渡す瞬間を見て、背筋が伸びる思いがしました。厳しい姿勢が伝わってきました。
 昨年から考えていたのですが、「何が儲かるのか」とか、「いつがタイミングなのか」など、「今どうしたらいいか」で右往左往するのではなく、「投資を楽しむ」という原点に戻って、「投資を途中で諦めずに長く続けるためには何が大事なのか」とか、「投資を楽しむってどういうことなのか」、「そもそも投資って自分に必要なのか」ということを、今の環境だからこそ語り合う場が必要だと考えています。投資に疲れた人、投資に興味はあるけど慎重になっている人などが寄れる場で、自分にあった投資の仕方のヒントをつかんで行ってもらえる場。今回の相場の波に乗れなくても、次の波に乗れるように準備していこうという仲間が集える場。そんな場の提供ができればと考えています。今は原点に戻り、見つめ直す時ではないでしょうか。