本日も、株安、円高の流れは変わっていません。関わりのある方からの問い合わせは、いまのところ、「新規投資のチャンスが来ましたね」という、投資に前向きな声であることに、ホッとしています。もしかしたら、ショックと不安で口をつぐんでしまっている人もいるのかもしれませんが。
 下がり続ける相場はありません。いずれ売られすぎたものであれば妥当な価値に戻り、そして割高な価値まで値上がりするかも知れません。「割安になったら買ってもいい」と相場を眺められれば、余裕が出来、冷静にもなれます。
 しかし、今持っているものを処分してお金を作らないと新規の投資が出来ない人は、「上がってくれ」と願うしかありませんし、冷静さを既に欠いているわけですから、リバウンドで上がってきたときに「もっと上がれ」と欲をかいて、売り時を逃すことも、ままあることです。もし現在がそういう状況にある人であれば、過大な投資になっているわけですから、機械的に一部売却しておきましょう。これは敗戦処理ではありません。将来新規投資を行うための重要な資金作りです。
 もし振り返って売ったところが底値であったとしたら、前川を恨んでください。「前川のブログをあの時に読んでいなければ売らずに持っていれたのに」と。
是非、せっかくの投資機会が近づいているわけですから、投資を途中であきらめないように、「割安になったら買うぞ」という前向きな気持ちを持てる態勢を心がけてください。