昨日のNYダウは約160ドルと急騰し、為替も円安。日経平均株価は17000円を抜け、ドルも117円乗せ。すっかり妥当水準に戻ってしまいました。まだ、配当取り、株主優待の権利取りをした後の株安の可能性は残されていますが、少なくても本日買い場はありません。そこで私は朝早くから部屋の整理をすることに決めました。
 私は以前もご紹介したと思いますが、私が妥当だと思う水準は、たまたま語呂がいいのですが、「日経平均株価17000円、ドル117円、10年国債利回り1.7%」だと考えています。したがって、ここから株価が更に上昇するようであれば、今回下への突っ込みが少なかったため、それほど上も期待できないと想定しています。現在株式を保有している人にとっては、ここで追加投資を考えるよりも、むしろ利益確定の機会を探した方がよいと思います。
  それから、今回の下げ相場で「あの時やはり買っておけば良かった」と後悔している人と、「買えなかったなあ」とあっけらかんとしている人がいると思います。もし「買っても良い株価に届いていたのに」という後悔の気持ちが残っている人であれば、次回のチャンスでは少額でもいいですから手当てできるようにチャレンジしましょう。
 あの時もっと買っておけばと後悔する方がストレスにはなりません。 
 私は今日一日、相場を忘れて、ゆったりします。