テレビ朝日の「サンデープロジェクト」で日興コーディアル証券の上場維持を取り上げた討論を聞いていました。このプログでも書きましたが、このまま世間の関心事に答えを示さずに、中途半端な幕引きをしたと思われていては、日興コーディアル証券の関係者、そして日興コーディアルグループを応援しようとする人の気持ちがくじけてしまいます。
 上場企業の不透明な対応が世間で問題視されている中、証券業界の活性化と信頼回復のために、日興コーディアルグループは今後も事実確認を行い、経営責任の所在を明らかにし、司法を含めた関係部署と連携を取り追求していく態度を貫いてもらいたいと思います。
 あいまいにして幕引きをしようと考えても、人の口には戸を立てることは出来ません。いずれまた、対応に不満を持つ人たちの内部告発などで世間に晒されることになるでしょう。せっかく上場維持が決定して再スタートを期す人、期待してくれた人を裏切ります。引き継いだ経営陣は、次はもう無いと覚悟して取り組んでください。まだ世間は許したわけではありません。潔い自浄作用で、世間の常識に照らした納得のいく幕引きを期待します。