先々週、先週と久々に、金利上昇、円高、株軟調と、新規投資のチャンスにワクワクしましたが、再び日経平均株価は18000台を回復し、為替は円独歩安に戻りました。再び手持ち無沙汰になりました。ここまで円安水準になれば、多少円高に振れたところで為替要因で業績悪化懸念は発生しないので、株式の下値不安は大分薄れてきたと思います。今まで安いところで仕込んだ株式をお持ちの方にとっては利益確定のチャンスが来るかも知れません。
 先週末に締め切った日経新聞のボーナスの使い道アンケートでは、リスクが取れるお金で、しかも自分で銘柄の割安・割高の判断ができる投資家であればという条件付きで、日本株の個別銘柄を勧めました。日経平均株価で17000円以下という条件も付けましたので、ボーナス時期にそんなタイミングがあれば良いのですが。
 これは消去法の選択です。敢えてリスクを取るのであれば、欧米株式?、新興国株式?、リート?ヘッジファンド系?と並べてみると、ここからの上昇期待と下落リスクのバランスを考えたら「どうよ?」という考えから、日本株式を選んだ次第です。個人的には、「ここが敢えてリスクを取るタイミングとして適当か?」と慎重です。でも敢えて取るなら・・・・。
 「せっかく金利上昇した今を逃すな」、「いつまでもあると思うな金利上昇場面」。金利確定商品を検討してみて、それでもキャピタルゲインを狙いにいくのなら、お先にどうぞ。はやる気持ちを抑えるとストレスになります。だけど、なんとなくリスクを取らないでください。もっとストレスを抱える結果になりかねませんから。