正直言って、目先の相場がどちらに動くかの見通しを立てるのも憚られるぐらい難しい投資環境になってきました。これから夏のバケーションに向けて投資参加者が少なくなる季節要因に加えて、「日本銀行は7月はなくても8月には政策金利を引き上げる」という世界的な金利上昇の流れに変化はなく、国内では自民党劣勢の参議院選挙の行方が控えています。円の独歩安はいつ止まるのか、と不安に思う人が多くなれば多くなるほど、これ以上の円安になったら困るからと、売りたくない円を売る人が増え、更に円安になるという繰り返しも止まらない。
 「まだもうなり」、「もうはまだなり」。今は「もう」なのか、「まだ」なのか、現在参加している人にとってはフラストレーションが溜まるばかり。現在投資に参加していない人、もう少し参加したいと思っている人にとっては、思いがけない拾いものが出来るチャンスになるかも知れません。あまり期待せず、されど無関心にならず、相場と付き合っていきましょう。くれぐれも、のめり込まないように。Take it easy !