やはりサブプライム問題は根が深い。サブプライム問題ではっきりしたことは、安心な投資先だと思ったところがリスクを多く採っていた運用だった事実。これまで好調で喜んでいた自分の投資先も似たようなリスクを抱えているのではと不安が広がり、安全資産にお金が逃げ始めたこと。そして、出口はそこそこ大きなものでいつでも逃げられると安心していたら、逃げようと動いた人数が余りに大きく、出口があっという間に人で溢れ、気がついてみると外に出られないかも知れないとパニックになっている人がたくさん回りで右往左往している。そんな状況が今の相場環境でしょうか。
 昨日は、これまでの円独歩安が嘘のように、パニック的な円独歩高に。やはり投機的な円売りがかなりの額に積み上がっていたし、また円買いを新たに仕掛けた人の回転が効き始めているようですね。この一週間で、米ドル122円台から118円、ユーロ169円目前から162円、英ポンド251円から241円台、豪ドル108円目前から102円、NZドル98円目前から92円。現実を受け止めるのに時間がかかる人もいると思いますが、投資を諦めず、諦めていた水準で新規投資が出来るチャンスと考えて、自分の投資スタイルにあった選択肢を立ち止まって考えてみる時期にあてていただきたいと思います。振り出しに戻り、過去を反省し、今度はもっと楽しんで投資しようではございませんか。