相場の急変により、株式は下落基調が続き、ものによっては割安なものも出始めました。為替は円安への行き過ぎ状態から妥当水準にほぼ戻してきました。
 投資のタイミングを待っていた人にとっては朗報です。これだけ短期間に大きく下落し市場が冷え込むと再び上昇基調に戻るまでには時間がかかるので、短期的な利益を狙う人にとっては厳しい環境が続くと思われますが、中長期で投資を考える人にとっては魅力的な水準だと考えます。
 ここまで待って妥当水準まで戻ってきたわけですから、後で相場が反転したときに後悔しない程度を確保し、余力を残して割安になる相場を楽しみ底を確認する意気込みで相場とあせらずに付き合うことをお勧めしたいと思います。
 投資していない人は冷静に今の相場を見れるわけですから、「日経平均株価の底はいくらか」、「為替はどこまで円高が進むか」、「いつまで相場の弱気が続くのか」など、投資する、しないを別にして、せっかくだから予想してみるといいでしょう。そんな感じで下げ相場と付き合ってみると、投資に熱くなっている人が見えていないものが見えるかもしれません。見えてきたら教えてください。