昨日は私の仲間が主催する無料セミナーに参加しました。総勢7名の少数精鋭(?)のセミナーでした。この日参加されたご婦人は、「今回のサブプライム問題で儲けている人は誰なの?」とか、「買うときは勧めてくれるけど、売り時を教えてくれる人はいないから、本日はそのヒントを聞きに来た」とか、郵便局で投信が売れているという話になったときには「みんなわかって買っているのかしら?」とか、「郵便局がお金を集めて、郵便局はちゃんと運用できるのかしら」(実際は郵便局は販売窓口であって運用はしていませんが)とか、その都度いろいろな質問をポンポンと投げかけていました。
 講師の方は、それに対して「非常に初歩的な話しかできなくて恐縮ですが」とことわりを入れて、丁寧に答えていきました。ご婦人も「こういう簡単なところから教えてくれるところがない」と喜んでいた様子です。
 良く考えてみれば、こうした投資の話で双方でコミュニーケーションを取りながら、聞きたいことをわかりやすく説明してもらえる機会はほとんど見あたりませんね。今みたいな時期だからこそ、こうした機会が必要なはずですが。ご婦人はやはりおっしゃってました。「こんな話は証券会社や銀行では聞けない」と。