「何で自分に役目が回ってきたか」理解できない新幹事長。「これがやりたい」と頼まれた役目を拒否し新しいポストを用意させた御仁。自民党の皆さん、危機感が全くないのではありませんか?国民が見えてますか?民主党は着々と準備を進めていて臨戦態勢に入っているようですよ。役職の格がどうだとか、好きだとか嫌いだとか、バランスがどうだとか・・・。
 安倍さんの新組閣の時は「まだ始まってもいないのだから、とりあえず頑張りを見せてもらおう」と期待をしましたが、党の執行人事でさえ、この緊張感の無さであれば、福田内閣の組閣は余り期待できませんね。「えー、何であの人が・・・??」と誰が見てもおかしい登用をするのではないかと危惧しています。自民党の政治家の皆さん。「このままでは自民党が見捨てられてしまう。失われた信頼を取り戻す最後の機会を、こんな緊張感のない対応でよいのか」と危機感を本当に持ち合わせていないのでしょうか。
 最後の頼みは民主党。本当に政権交代の任に足る大きな存在感を見せてください。がっかりさせないでくださいね。
 したがって短期で値上がり利益を期待する人にとっては、どっちに振れてもおかしくない相場ですから、いつでも撤退できるような態勢を取り、「さっと入って、さっと出る」という投資金額を絞ったゲリラ戦をするしかありません。まず大きく利益を取るよりも、利益を固め、大きく負けないことを意識します。中長期で考える人はこれまでと同様に、勝てると思ったときだけに参加するスタンス。目先の下げを気にしてはいけません。投資してすぐ儲かるような環境ではないのですから。そんなことを考えているだけで疲れるという人は、ここは思い切ってお休み下さい。今は難しい相場です。あえて難しい相場で勝負することはありません。頭をリフレッシュしてから参加しましょう。これから、何度でもチャンスはありますから。
 「とりあえず」とか、「参加してないとつまらないから」とか、覚悟もなく入ると、少額の投資であっても痛い目に遭うかも知れません。くれぐれも、なんとなくで投資しないようにしたほうがよいと思います。