国や企業を頼れず、万一のケガや病気は自分で面倒をみなくちゃいけない、もちろん老後の生活も・・・、となると、個人の負担は際限なくのしかかってきます。
 保険も入らなくちゃ、健康予防のためにジムに通わなくちゃ、サプリも飲まなくちゃ。えらい出費です。どれも毎月毎月かかる固定費になります。一方、仕事は働いている割には収入は増えず、景気が良くなったと言われている今でさえ、こんな状態だったら景気が再び悪くなったらどうなるだろう・・・と、収入が増えない中で経費が増え、心配が増え、サプリの数も増える。これって、良くない方向ですよね。
 やはり国、行政には、しっかり仕事をしてもらって、頼れるまでなってもらうのは無理にしても、世間の常識並みには頑張っているところをアピールして、国民を安心させてもらいたいですね。
 学校の先生が給食費未払いのお宅訪問して徴収する姿を「やって当然」という見方もありますが、それって学校の先生の仕事でしょうか。PTA・地域住民の支援や協力があってしかるべしだし、それこそ悪質なものは専門の取立屋に任せる必要があるのではないでしょうか。知り合いの学校の先生は本当に一生懸命やっていましたが、会うたびに疲れています。
 公務員全てが怠慢なわけではなく、頑張っている人には感謝の祝福が必要だと感じます。しかし、その頑張っている人の姿を「怠慢な人、仕事嫌いな人」の姿が邪魔して我々に見えてきません。頑張っている人が頑張っている姿を見て、我々が祝福できるような工夫はないのでしょうか。
このままでは政府・行政の存在が無駄遣いだと烙印が押されてしまいます。これは日本を生活の拠点として決めている人にとって本当に不幸です。
 国や企業に頼れない人は、なけなしの大事なお金を「国は破綻している」とかいう脅し文句に乗せられて必要のないものまで買わされて、必要以上の保険を払い、健康を維持するためにジムに通い、大量のサプリを飲む。その月謝などを稼ぐために仕事をするが、それでは足りず消費者金融に手を出し、一発で返そうと始めたパチンコにはまる。
 お願いです。頑張っている政治家の皆さん、公務員の皆さん、「我々が頑張っているんだから、日本の将来は捨てたもんじゃありません。応援してください」とアピールする姿を見せてください。何故それができないのか、何が障害になっているのか。我々に教えてください。中から変わらないと、国民の見方は変わりません。国が頼りないと本当に国民は辛いんです。疲れるんです。
国民が尊敬する仕事ぶりを見せていただく事を切に願います。マスコミも、頑張っている人をもっと取り上げてください。探せばいるはずです。私は頑張っている人を思いっきり応援したい気持ちで一杯です。